デイゴ 本物の花を見たい

 デイゴは沖縄県の県花です。 3月から5月にかけて真っ赤な花を咲かせるそうです。 私が沖縄を訪れる時は花が咲いていない時期ばかりなので、一度も本物の花を見たことはありません。 都合をつけて一度は満開のデイゴを見たいものです。  別の記事でガジュマルを書きましたが、関東地方の私にとって沖縄に行くとガジュマルだけでなくデイゴも気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心霊写真 をつくろう

 40年位前(ちびまる子ちゃんの頃)は、雑誌や、テレビでよく心霊写真が取り上げられていました。 必ず心霊写真研究家という方の分析結果が説明されていました。 心霊写真としては、 「体の一部が消えている」「いなかった人が写っている」 「写真の人数以上の人の手足が写っている」 「壁や仏壇、墓、寺などに半透明のの人や顔が写っている」等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブガラシ

庭のあちこちにヤブガラシが芽をだしてきました。 大変成長が早く1週間もすると近くの木に巻きついています。 庭の手入れはあまりしなくなったのですが、ヤブガラシだけは早い段階で刈ってしまいます。 名前に言霊があるようで、やぶどころか庭中の草木を枯らしてしまうように感じるからです(あくまで感じるだけですが)。 根までとれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の夕焼け

夕焼けと言うほど赤くはありませんが、すっきりした空でした。 雲だけ見ていると秋の空のようにも思えました。 夕方は少し涼しいくらいで、西の空がすこし赤やんできたので写してみました。 ここ数日、雨が降ったり晴れたり、寒暖の差が激しかったりと、やはり春の気候ですね。 ほぼ同じ時間に、南の空の高いところには月もありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄道レール切り替え

子供のころから線路の切り替えが不思議でした。 鉄道なので線路は隙間なくつながっていると思い、切り替え部で車輪が脱線しないことが不思議でした。 レールのつなぎ部は隙間があるのです。 切り替え部ででなくても、線路はある長さで繋いでいますがその部分に必ずすきまがあります。 夏になってレールが熱くなるので伸びですきまがないと、どこかでね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オッタチカタバミ

鮮やかな黄色の花がか細く咲いていました。 山吹のような黄色です。 オッタチカタバミですが、名前がどうも私には「すっとこどっこい」に聞こえてしまします。 年々増えていきますので、実は今回は写真を撮った後、除草剤をかけてしましました。 ハハコグサ(春の七草)もたくさん生えて黄色い花を付けていました。 ハハコグサは写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花言葉

庭の中には咲いていませんでしたが、道端に咲いているのを見かけました。 ハルジオンです。 花がとてもきれいで可憐だと思いませんか? 花言葉を調べると、「追想の愛」です。 今はハルジオンだけですが、もう少しすると非常に似た花が咲きます。 同じ時期に背丈も、形も、花も似ているヒメジョオンです。 ハルジオンとヒメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柿の葉

柿の葉が柔らかく美しいです。 もう少したつと、しっかりとした硬さになり、かしわの葉のようになりますが、夏の日差しを防いでくれます。 柿はいいですね。 木登りがしやすい木肌、実はおいしい、秋に葉が落ちていくのも風情があります。 家を建てたら庭には柿を植えようと思い実際に植えましたが、木登りができるほど太くはなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天文衛星 ひとみ 残念です。

天文衛星ひとみの運用断念の発表がありました。 2月に打ち上げられ、大きな発見への期待があったので残念です。 ニュースを見ていて、JAXAの常田所長の会見が「プログラムの誤り」「地上の担当者の送ったデータの誤り」とあり、技術者の責任にしているのかといやな感じがしました。 しかし、「人為的なミスを見つけられなかったシステムがより大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計について

統計はおもしろいですね。 高校の頃は統計はよくわからない計算式と、数値表であまりかっこいいと思いませんでした。 数学は紙とペンで新しい理論を作り出す。 物理も大型の実験装置もあるけど、アインシュタインのように紙とペンで理論を作り出す。 科学の代表は数学と物理で時代を切り開いていく感じがしました。 統計(数学ですが)はあやし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイヨウタンポポ

庭の地面の表面が緑に覆われてきています。 白い花(はなにら)と、黄色いタンポポの花が咲いてます。 タンポポは、数えると5株ありすべてセイヨウタンポポでした。 セイヨウタンポポというくらいですから、ニホンタンポポもありますし、カントウタンポポ、カンサイタンポポ等もあります。 私はまだセイヨウタンポポしか見たことはありませんが。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はなにら 

庭に花にらが咲きました。 雑草ではないようです。 でも植えた記憶は全くありません。 たぶん花が咲く前に抜いてしまっていたのでしょう。 6枚の花弁がきれいですね。 3枚が重なっているのがいいです。 花の白さが際立って尋常でない? そんな感じです。 3は魅力的な数字です。 鼎、3本の矢、三つ巴、何かの本で読みまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスノエンドウ

庭のカラスノエンドウの花が咲きました。 紫色の花で、蝶形花です。 つるは線tんがくるくるしていて、ひげのようです。 「庭の」と書いたので育てているようですが、庭の手入れをしなくなってから自然に育っています。 数年前までは、除草剤を散布したり、花が咲く前に抜いていました。 庭の手入れを怠るようになってから、自然の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄のがじゅまる

沖縄でよく見かける木 ”がじゅまる”です。 名前が船の名前のようです。 初めて名前を聞いた時は、方言かと思いました。 調べると方言ではなく、クワ科の植物の名前です。 妖精が住むそうです。 枝から木根が垂れ下がって、自分の幹にも絡みついてます。 大きく絡みついた、がじゅまるはマングローブ植物のようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の ハンダマ

沖縄で ハンダマを知りました。 水前寺菜の沖縄での呼び名だそうです(水前寺菜もり知りませんでしたが)。 見た目は、木の葉っぱです。 サラダとして食べたので、木の葉っぱそのままです。 ハンダマの特徴として、葉の裏側が紫色です。 食べた感じは、やわらかく、苦くもなく青くささもあまりなくサラダの具にちょうどいい感じです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行機揺れないね。

B777-300で羽田から那覇まで来ました。 羽田は、風はほとんどありませんでしたがどんよりした雲が垂れ下がっていました。 機長の出発前のアナウンスでは、「揺れるでしょう」とこと。 私は、飛行機の揺れが大好きです。 期待していたのですが、離陸から雲を突き抜けるまでほとんど揺れませんでした。 那覇に近づくと灰色の雲の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロだね

2年ほど前に、航空祭で展示されていたジェットエンジンです。 航空祭は、飛んでいる飛行機が一番人気です。 次に地上に展示されている飛行機が人気があります。 私は、エンジンの展示があると隅々まで見たくなります。 このエンジンも使いこまれていますが、整備はプロの仕事ですね。 命がかかっているとはいえ、メカニックの心意気ですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロゼットは美しい

庭の植物も増えてきました。 花壇ではなく、小道の脇にです。 ほんの一週間で驚くほど成長します。 日光を精いっぱい浴びるための、葉の形状がロゼットと言われます。 Rosette と書いてバラの花かざりという意味です。 上から見ると、バラの花びらのようです。 ノゲシ、オオマツヨイグサ、オニタビラコもきれいだな。 そろそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微分 積分 「解析概論」

微分・積分が好きです。 特に積分です。 中学まで、円の面積や球の体積はどのように求めたのかなぞでした。 高校で、積分を使うとそれらがいとも簡単に求められるの感動をしました。 高木貞治「解析概論」は重かったなー。 絶版・品切れ本を皆さまからの投票で復刊させる読者参加型のリクエストサイト 復刊ドットコム 今はソフト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイモン シン

サイモン・シンはおもしろいですね。 暗号解読で初めて知りました。 推理小説のようでもあり、専門書のようでもあり、なぞときと知識が増えることが面白いです。 大ヒットしたアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」で長門有希が読んでました。 装丁もすっきりしていて一目でわかるこんな感じです。 「代替医療のトリック」も、いいです。文庫は表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more