デイゴ 本物の花を見たい

画像
 デイゴは沖縄県の県花です。
3月から5月にかけて真っ赤な花を咲かせるそうです。
私が沖縄を訪れる時は花が咲いていない時期ばかりなので、一度も本物の花を見たことはありません。
都合をつけて一度は満開のデイゴを見たいものです。

 別の記事でガジュマルを書きましたが、関東地方の私にとって沖縄に行くとガジュマルだけでなくデイゴも気になります。
どちらもいろいろなところに植樹されています。
ガジュマルは気根(枝から地面に向かって垂れ下がる根)が、関東在住の私には珍しいですね。
デイゴを初めて見たときはつるつるした感じで竜血樹(全然違いますが)と岡本太郎の「生命の木」を連想させられました。
つるつるした感じは、カエデのようでもあるのですが、デイゴは木というより動物的な感じを受けます。

 名前について沖縄を訪れるまで聞いたことがありませんでした。
名前からそれが食べ物なのか、植物なのか、動物なのか、文化なのか全く想像がつきません。
ハイビスカスもよく見かけますが、こちらは南国の花ということでよく聞きますし歌にもあります(デイゴも島唄で歌われていますが)。

国会議事堂の敷地には、都道府県の木が植えられています。
沖縄県の県の木としてソテツが植えられています。
でも、沖縄県県庁のホームページで県の木はリュウキュウマツになっています。
理由はわかりません。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック